「界面活性剤アレルギー」だそうです。

 

f:id:misstsubasa:20160120112019j:plain

「界面活性剤アレルギー」と診断されたのが2016年1月18日の月曜日。

 今思えば身体に変化が現れた始めたのは数年前まで遡ります。

 

お風呂からあがると度々、胸から腹部、背中などなど、直径1cmほどの蕁麻疹やプツっとした発疹が出ていました。
出る数は毎度異なり、消える時間も数分だったり1時間だったり。消えるから、結局、気になりつつ記憶も消えちゃうんですよね。
それまでもたまーに顔に出てくることがあっても「よく虫刺され~m9(^Д^)プギャー」とからかわれているくらいでしたので特に気にする訳でもなく、何故わたしは顔を狙われる!と思う程度。
 
同じ時期くらいから夏場だけ、それとは別の発疹がでるようになったのですが(直径2cmくらいの赤みの中に発疹がでる。)こちらは2014年の夏、紫外線が原因と判明し無事解決。この発疹はなかなか消えなかったのできちんと病院へ行きました!それまで日焼け止めはプールや海に入る前に1度塗るだけの、塗り直ししない人生だったのに……! サーフィンデビュー記念のお土産が紫外線NGだなんて悲しすぎる。
今では炎天下の中、身一つで歩くと特に露出している首元や腕に発疹が出てしまいます。(顔は化粧してるから出ない)ちなみにこの症状、近年増加しているようですよ。夏場やってくる方が多いんですって。みんなも気を付けてね。私の場合、日焼け止めとシースルーのシャツを羽織るだけでだいぶ違います〜。だから海にもプールにも普通に行くよ。
 
そんなこともあり、きっと私の身体は「熱」に敏感なんだな。と、勝手に解釈。(自己判断NG!)
 
あまちゃんな私に転機が訪れたのは2015年。頻繁に顔に発疹が出るようになったんですね。それでも顔に発疹や蕁麻疹って想像ができていなくて、ダニとか、寝不足や食事による肌荒れくらいに思っていました。
秋に入るとさらに頻発するように。時間帯は様々、出る部分は毎回同じところでかゆみが伴います。イラッとするし、ぷっくりと赤くなるからやっぱり人の目線が気になるんですよね。こんなんでも一応女子だし。
冬になると発疹は毎日顔に居座るように……「目障りなアイツは、アレグラとBFF(Best Friend Forever)になって追い出すほかない!」と思った私は、念には念をと夏ぶりの皮膚科を訪れ、それまでの証拠写真を見せて相談しました。
 f:id:misstsubasa:20160120111824j:plain
私「とりあえす毎日アレグラ飲んでる(BFFな)んですけど・・・」
先生「元を解決していかないと意味ないよ。死ぬまで飲み続けなきゃいけないよ。」
 
なんと言うことだ
 
蕁麻疹や発疹は70%くらいは原因が分かるから調べましょうとのこと。そのまま話はすすみ、血液検査とパッチテストを受けることになったのです。予想外!(ちなみに私は注射があまり好きではない)
病院によりけりだと思いますが、パッチテストは予約が要るらしい。
 
あふれる面倒くさいマインドをどうにか抑え、検査は年明けに決まりました。
パッチテストを受ける前の準備が大変でね!(←面倒なだけ)日常生活で使用しているありとあらゆるものを用意しなければなりません。
 
そして1月上旬、背中に病院が用意してくださったものを合わせ、全部で36のパッチがON。見た目はまさに高層ビルエレベーターの行き先ボタン!しかも油性ペンで何か書き込まれてる!これはダサい!!
 
 
2日後の月曜日、雪が舞い散るなか皮膚科へ。パッチが剥がれないようにとテーピングされたため、かぶれまくって死にそうだったから雪とか正直どうでもよかった。(結果テーピングだけの痒みじゃなかったんだけど) 
 
それでは特別に私の診断結果をお見せしましょう。まずは血液検査。

f:id:misstsubasa:20160120002524j:plain

スギ……!やはり私は花粉症だったのだ。こう数字で出されると落ち込む〜。
まぁそんなことはどうでもよくて、とりあえずは異常なしだったので一安心。

 


さぁ痒さで死ぬ思いをしたパッチテストよ。その成果を存分に発揮してくれ。どーん。

 f:id:misstsubasa:20160120002826j:plain

 

印刷された名称は病院が用意したもの、手書きは私が用意したもの。いくつか用意できないものもありました。美容院で使う髪染めの液体とかね。(以前聞かれたのですが、リストの字は私の字じゃないです。)名称の横に+と書かれているものが反応あり。

 

この結果をもとに診断されたのが「界面活性剤アレルギー」ということでした。

 

こういう事に疎くて、初めて聞いたもんだから相当アホみたいな顔をしていたと思います。そんな私に、簡単に一言でまとめると日常生活にある泡立ちをよくしたり落としたりするものだよ、とおっしゃっておりました。なるほど。

 

 陽性反応がでたものへの対処方法

現時点でしなければならないのは界面活性剤を避けること。

▼シャンプー

いま使用しているものは控え、この用紙で反応が出ていない商品へ切り替える。

高校生の頃からずっと同じ美容院のシャンプーを使っていただけに大変ショック。この香りを嗅ぐと安心するくらい染み付いたものだったからね・・・背に腹はかえられない。

 

▼ボディソープ

シャンプーと同じ。これに関しては対してこだわりないので。思い残すことなし!使用していたものはダブです。

 

▼洗濯洗剤

洗剤の量を控えること。

 

▼洗顔フォーム

これも反応が出ていないものに切り替える。いま使用しているのは無印良品のマイルド洗顔です。すっきりとした洗い心地、けっこうお気に入りだったんだけどな。柑橘系の香りが爽やかで泡立ちもよいし(←界面活性剤アレルギーと診断された今複雑だけどw)

www.muji.net

 

▼クレンジング

今回たまたまテストに持っていったものがジェルだったのですが……。しばらくはホホバオイルで落としていこうかと思います。近日中にセタフィルを購入予定。

www.cetaphil.jp

 

 ▼歯磨き粉

口周りに付着しないようにすること。これ意外と大変だと思うんだけど。

 

▼クリーム

セタフィルにチェンジしようと思います。

www.cetaphil.jp

パッチテストの一覧で、 クリームの横にだけ×がついてるじゃないですか。お医者さんからすぐやめてくださいって言われ×付けられました。私の肌におそらく一番合っていなかったんでしょうね。 

こちらまさかの大人気ニベアの青缶様。なんとなく嫌な予感がしてしばらく控えていたのですが、パッチテストに混ぜておいたらこのような結果に。(顔は控えてたけど、ハンドクリームとして使ってた!)界面活性剤=泡立つものという認識だったため、ただいま混乱中です!!!診断されたときは、使用を中止するということで頭いっぱいだったから聞き忘れた( ;∀;)

 

上記の商品は、否定をしているのではなく私の肌に合うか合わないかということですので誤解しないようにお願いします。スキンケアは本当に人それぞれです!

 

先生から今は界面活性剤と記載されているものはなるべく避けるように言われています。しかしここで上記の青缶問題にも関係しますが、第一の関門にぶちあたりました。界面活性剤って記載されていない!泣(シャンプーとボディソープは載っていなかった)呪文のような謎の言語がズラーっと。

調べたところ界面活性剤って種類(薬品?)がたくさんあるんですね。そういや遥か昔、学生の頃に受けた授業で天然と合成があるっていうの勉強した気がするわ……! 助けて〜理科が得意な人……!泣

薬品を特定するには少し時間がかかりそうですね。NGをくらった商品の内容をチェックして、かぶったものが怪しいという地道な作業をするしかなさそうですから。

 

今になって疑問点がいろいろ出てきたので、調べたり皮膚科に通ったりして解決・回復していけばいいなと思っています。

そもそもアレルギーって一生背負うものなのだろうか?妹はウニや一部の肝がアレルギーで、アナフィラキシーを起こすレベルなんですよね。(数年前旅館で出たつみれに目で確認する事すらできない、お品書きにも載っていないレベルのウニが使用されてたんだけど、口に入れたとたん様子がおかしくなった)妹に比べたら私なんて大した事ないから、あまり気にしていなかったりします。

 

26歳になってそろそろ本格的にスキンケアを考えていかなければならないと思っていたので、このタイミングでアレルギーが判明して良かった!

そんでもってセレブラバーの私としては、多くの海外セレブが愛用するセタフィルを使用する事が楽しみだったりします^^まだ分からない事だらけですので、しばらくはパッチテストで反応しなかったもので様子をみていくつもり。

 

そんなこんなでPCカタカタしているそばから痒くなってきたよ( ;  ; )パッチテストで背中もかぶれて痒いし、油性ペンは消えないしwww

f:id:misstsubasa:20160120111526j:plain

かゆっ

 

トップの写真↓の動画ぶりのスッピン。再生すると音楽流れるので注意。

昨日あげた動画の #gif バージョン? #ellegirl #makeup #メイク @ellegirl